エルネア@ジェイソン国プレイ記録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルネア日和@ジェイソン国

エルネア王国のプレイ日記やメモや家系図など。ジェイソン国でのんびり暮らしています。国民の寿命関連は特に配慮しておりません。ネタバレが苦手な方はご注意ください。

197年:ちょっかいとお別れと出産

※初期国民の寿命に関する内容を含んでいます。苦手な方はご注意ください。

 

 

新年明けました。197年です。

エルネア生活も6年目に入ります。早い。

2日は仕事始めでした。今年もソフィアさんが農場代表として挨拶していたのですが、ユリエル君のスクショしか撮っていないあたり全く仕事する気ないです中の人。

f:id:mamemugi:20161229140839j:plain

うーん、今年のユリエル君も最高にかわいい……。

困り眉、つり目、猫口、緑髪、くせっ毛、という好きな要素のロイヤルストレートフラッシュみたいな存在なのでホセマリさんと結婚した後もちょくちょくユリエル君にちょっかい出してエンジョイしてました。

f:id:mamemugi:20161229151255j:plain

とりあえず見かけたら必ず声をかけます。お裾分けやプレゼントも大量に押し付けます。断られたってめげません。むしろ困った顔を見たいがために料理を押し付けます。

f:id:mamemugi:20161229151409j:plain

そしてユリエル君が酒場でごはん食べてたら迷わず相席(許可なし)

f:id:mamemugi:20170104143209j:plain

ソフィアさんにストーカーまがいな事ばかりさせてしまって申し訳ない(反省の色なし)

ちなみにユリエル君もすでに既婚者だったりします。

お相手はマクラーレン家長女のビニーさん。前々回の記事で紹介した親友カトリーンちゃんf:id:mamemugi:20170104125846p:plainのお姉さんです。

f:id:mamemugi:20161229145126j:plain

夫婦そろって目のタイプが同じ!というか全体的にお顔がそっくりなので結婚を知った時はユリエル君結婚ショックとかそんなん飛び越えて歓喜しました(つり目国民どんどん増えてほしい)

そしてそして第1子の女の子が案の定かわいかったんです……困り眉とつり目のこらぼれーちょん素晴らしい……あと名前がすごい……高級感ある……

f:id:mamemugi:20170104130710j:plain

(197年当時はまだティファニーちゃん2歳でした&197年14日にビニーさん第2子の女の子を出産!おめでたい~!)

 

 

とと、平和な話から一転しまして、初期国民の寿命に関する内容に移るのですが(ネタバレ苦手な方は注意)

197年明けてすぐ、3日の朝にですね……親しい友人の訃報、もとい国王陛下崩御の報せが入りました。

ジェイソン陛下が、ガノスへ……。

f:id:mamemugi:20161229160605j:plain

前日に危篤状態になっていたことも気付かずにいたので、ただただショックが大きかったです。

記事には書いていなかったのですが、昨年(196年)は王配のレナ殿下がお亡くなりに……。大切な人に先立たれた悲しみがジェイソン陛下の死期を早める要因となってしまったのかな、なんてことを色々考えてしまいました。

享年23歳。194年に死期宣告があったことを思えば頑張って長生きしてくださった方だとは思うのですが、30歳近くまで生きるNPCもいるみたいなので、身近な人が20代前半で若い死を遂げてしまうというのはなんとも辛い気持ちになりますね……。

f:id:mamemugi:20161229161255j:plain

よく釣りに誘っていただいたり、親友のメル殿下と親子で探索に付き合って下さったこともあったり(くるくる剣舞かわいかった)

振り返ってみると胸がほっこりするような思い出がたくさんあって、本当にソフィアさんにとって大切な友人の一人だったんだな……もう会えないんだな……と想像していた以上に悲しくなってしまい、大の大人がスマホ片手に一人で涙ぐんでました。

f:id:mamemugi:20161229153547j:plain

朝2刻に葬儀が行われ、昼1刻に戴冠式

しかしこの戴冠式の記憶がなんとも曖昧なのですが、スクショが無かったのでおそらく評議会と被ってしまって参加できなかったのだと思われます(もしくは普通に忘れてた可能性……)

 

寂しさは拭えませんが、これにて世代交代。王太子のメル殿下が王位継承し、新たにこの国を治める女王陛下となりました。

f:id:mamemugi:20161230051644j:plain

辛い時期に責務と多忙が重なるので心配は尽きませんが、普段通りソフィアさんをごはんに誘ってくれたりと気丈な様子も見せてくれて、少し安心です。

f:id:mamemugi:20161230045204j:plain

 

ジェイソン陛下が崩御される前にも、顔見知りのNPCや親しかった熟年の方々との別れが続いていたのでしばらく落ち込みっぱなしだったのですが、

沈んでばかりいてもしょうがない、ということで気持ちを切り替えて今年もお仕事や育児や子どもたちの教育に専念します。

f:id:mamemugi:20161230052102j:plain

毎度気になるのですが、授業を真面目に受ける生徒のほとんどが決まって女の子なんですよね。比率が極端に偏っているわけでもないのに何故か授業がはじまると教室は女児一色。

男の子たちはきっと虫捕りやら泥ダンゴ作りに夢中なんでしょう……。

でも学業ランキングを見るとたまにしれっと男の子が上位だったりするので「これが秀才か」と感心させられます。

 

そしてそして197年16日はソフィアさんの出産予定日でした。あっという間に3人目です。

ついこのあいだ次男生んだばっかじゃね?と自分でも突っ込まずにはいられないのですが、いかんせんこの頃のスクショが少なすぎてブログ書きようがない(致命的)という状況に陥っています。

なのでさくっと出産!またまた男の子でした!

f:id:mamemugi:20161230060155j:plain

3人目にして初めてホセマリさんと同じ髪色の子が生まれたのでテンションあげあげです。

性格は誠実なタイプ! おお~っ誠実な男性はモテるぞ~!

f:id:mamemugi:20161230062410j:plain

出産を終えたあとのミルクタイムがほんとに至福です……。

三男の名前はシエルにしました(なんとなく3文字しばり)

f:id:mamemugi:20161230062732j:plain

んんんん~~~~かわうぃいいいい!!!!!ヾ(:3ノシヾ)ノシ

子どもの寝顔は何よりもの癒しですね(そして勃発する夫婦のベッド争奪戦)(どう足掻いてもベッド足りない)

 

 

 (追記)

そういえば白夜でした  

4年前(193年)の白夜を完全スルーしていたことに今さら気付いたのですが今回も普通にスルーしてました、なので追記でちょこっと。

193年のバグウェル戦は初期の時点ですでに「龍騎士」の称号を得ていたエルネア最強の女性、タマラ・レデーロさんが再び勇者として挑んだのですが、惜しくも僅差で敗れてしまいました。

f:id:mamemugi:20170104135938j:plain

しかし今年!197年のエルネア杯でまたもやタマラ・レデーロさんが優勝を勝ち取り、21日のバグウェル戦にて見事リベンジ達成!バグウェルに勝利しました!(スクショ無いけど試合はばっちり見ました!スクショないけど!※上の画像のバグさんは別の年のバグさんです

スクショないので図書室の記録を拝借。

f:id:mamemugi:20161230063101j:plain

正直193年の白夜の時にはバグウェルってなんぞや?龍騎士ってなんぞや?な状態だったので、197年の戦いを見たときに初めて「おお~!!」と興奮した記憶があります。

f:id:mamemugi:20161117125243p:plain(強い女性っていいな……かっこいいな……)

それまで農場管理一筋だったソフィアさんがほんのり武術の道に興味を抱きはじめた頃でした。

 

198年へつづく三( ε:)